マンスリーマンションとは?

マンスリーマンションって普通の賃貸とどう違うの?

マンスリーマンションというのは、簡単に言うと短期間で賃貸できる住宅のことを指します。
通常のマンションやアパートの契約の場合、2年などの長期間契約で結ぶことが一般的かと思いますが、こちらの住宅のメインの客層が「単身赴任」や「引っ越し待機組」などのため、短期間で契約を結ぶことを前提にしています。
基本的には家具や家電がついており、大きな荷物の移動や準備などをしなくても入居できるようにされていて、「2年などの年単位では住まないけど数ヶ月住むところが欲しい」という人には最適な住宅です。
家具家電がついていることから値段は少し割高ですが、引っ越し費用がかからないことなどを考えると特に問題ないように思います。

マンスリーマンションのいいところは?

マンスリーマンションのメリットはやはり身軽に住むことができる点にあるかと思います。潔癖症気味な方にとっては家具家電付きが逆に気になるかもしれませんが、短期間の利用のために電化製品まで一式揃えて引っ越すとなると相当な費用になるので目をつぶるのが賢明かと思われます。 そしてもう1つの魅力は、電気、ガス、水道の契約がいらないという点です。ほとんどの場合マンスリーマンションは全ての契約を大家さんが結んでいるため、入居したその日に全てのものが使える上、契約を解除するなどの面倒な作業がいらないのもとてもありがたいですよね。 ちなみに、短期間の入居前提なので、隣近所への挨拶回りはほとんどしないのが一般的です。自分だけでなく入居しているほとんどの人が短期間で入れ替わるので挨拶しても会わなくなるからですね。これはメリットと言うのか微妙なところですが特徴です。