マンスリーマンションのデメリット

初期費用が高くなることもある

マンスリーマンションは、短期的に住居を確保したい人にとって魅力がたくさんありますが、通常の賃貸物件と比べて、入居の際に数か月分の家賃や管理費など、高額な費用の支払いが必要となるケースも少なくありません。特に、最新型の家具家電付きのマンスリーマンションの中には、十万円から二十万円程度のコストが掛かるものもあるため、余裕をもって資金集めをすることが大切です。また、マンスリーマンションの管理会社によって、費用の支払いのタイミングや敷金や礼金の有無などに大きな違いがあります。そこで、日ごろから優良な会社の担当の窓口や公式ホームページなどを利用しながら、新しい物件情報や料金システムなどをきちんと把握しておきましょう。

セキュリティが不十分なところもある

都市部の駅前やオフィス街、学生街などに立ち並ぶマンスリーマンションの中には、保証人がいなくても月単位で契約を結べるなど、利便性が高い物件もあります。一方、年単位の契約を結ぶマンションやアパートと比較して、オートロックの設備がないところや、管理人が常駐していないところも多く、セキュリティを重視する人にはやや不向きです。最近では、全国展開をしている大手の管理会社を中心に、マンスリーマンションの防犯性の強化に努めているところも増えており、女性や一人暮らしの人も安心して生活を送るため、時間を掛けて物件選びをすることがおすすめです。なお、マンスリーマンションの内部の設備の良しあしを把握するために、間取り図を確認するだけでなく、積極的に見学会に参加をしてみましょう。

マンスリーマンションを格安で借りるには、様々なサイトからの情報収集をしっかりと行う事が大切となります。